【山菜】少量でも美味しい、ふきのとうの食べ方・レシピ

春は山菜の季節。

私の住んでいる地域は山菜が山のように採れます。

店頭で購入しようとすると高価な山菜。その値段に毎春驚きを隠せません。

山菜といえば、天ぷらが基本的な食べ方かと思います。

サクッと揚がった山菜のほろ苦さが、春の訪れの味という感じで大人気です。

しかし、天ぷらを揚げることって意外と手間だったりしませんか?

そこで、山菜が腐るほど採れる我が家の山菜の食べ方をご紹介します。

頂き物や、土手で採れた少しの量でも美味しく食べられる食べ方です。

ふきのとうのレシピ

早春の山菜の代表格といえばふきのとう。

あの丸さと、苦味が特徴的です。

ふきのとうは、苦味とアクが強いので沸騰したお湯でさっと茹でます。

(天ぷらの際は茹でません)
ふきのとうの酢の物下ゆでしたふきのとうを食べやすい大きさに刻み、

塩・酢・砂糖で和えます。

お好みでワカメや白ゴマを加えても美味しいですよ。

ふきのとうの酢の物

下ゆでしたふきのとうに、酢・塩・砂糖を混ぜて和えます。

白ゴマや、乗り、ワカメをお好みで加えても美味しいく食べられます。

ふきのとうのおひたし

下ゆでしたふきのとうに、簡単に味しょうゆをかけるだけ。

ふきのとう本来の味がして、大人にはおいしく食べられる食べ方です。

味しょうゆの代わりに、ポン酢や辛子しょうゆでも美味しいです。

豚肉炒め

豚肉と一緒に炒めます。ふきのとうが柔らかくなりすぎないように注意しながら炒めます。

我が家は味しょうゆで味付けしますが、ポン酢だとさっぱり食べられます。

簡単に炒めるだけなので、手間がかかりません。

苦味が際立って、ご飯のおかずにぴったりです。

ふきのとうのバター炒め

考え方は、基本的に豚肉炒めと変わりません。油をバターに変え、お肉をベーコンやソーセージに変えます。味付けはしょうゆと塩胡椒です。

ふきのとうの苦味とバターの風味やコクが、マッチしてとても美味しいです。

バターではなく、マーガリンでもOKです。

【山菜】美味しい!ふきのとう我が家の食べ方。レシピとアレンジ

2017.02.15
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マイ

31歳、子無し専業主婦です。好きなものは甘いもの。新発売には目がありません。悠々自適なライフスタイルを日々発信しています。【詳細プロフはこちら】