【2016-2017フジロック】食べ物飲み物を持って行くときのポイント

飲食代にお金を使いたくない人必見です!

会場には飲み物・食べ物類と、全て露天で購入することが可能です。
わざわざ荷物になる食事を持って行かなくても、ちゃんと間に合います。
フジロックでは、ご飯の美味しいお店や定番のお店などの情報が様々出ていますし、会場で購入して食べるのも楽しみのひとつだと思います。
しかし、3日(〜4日)通して参戦すると飲食代だけでもかなりの金額になります。
なので私たちは食べ物・飲み物をなるべく持参するようにしています

飲み物のオススメ

特に、持参することをオススメします。

汗をかいてたくさん飲むので、会場で購入していたらお金がどんどん飛んで行ってしまいます。
ただし、ビン・缶類の会場内持ち込みは禁止されています。
会場へ入る際、荷物チェックがあり、見つかると没収されてしまいます。

会場内にペット等の動物、ビン・カン類、花火等の火薬類、危険物、その他法律で禁止されている物の持ち込みを禁止します。
引用:FUJI ROCK FESTIVAL 17公式HP

飲み物を持って行くときのポイント

  • お茶やお水は何本か持参するなら、凍らせて行くといいです。1日中冷たい物が飲めるし、食べ物と一緒にしておけば保冷剤代わりにもなります。
  • 会場に置いてあるビールは600円程度です。
  • ウィスキーやカクテルもあります。
  • ソフトドリンクが500 円程度、ペットボトルで確か200円程度です。
  • ペットボトルにアルコールを詰めていく人もいます。
  • 私は1日、お水3本くらい(1本以外凍らせて持参)ジュース2本くらい(凍らせてもいいけど、糖と水分が分かれてしまう。。)を、持ち運びに便利な、折りたためる携帯水筒に水を凍らせて持参します。
ゴミの削減に、1,5リットルを持って行って詰め替えるのも方法です。ドリンクホルダーがついていれば、カバンにぶら下げておくこともで出来るので便利です。
中身がなくなれば、小さく畳んで片付けられます。

食べ物のススメ

会場ではたくさん美味しい食べ物があります。飯うまと紹介されているお店も多いですね。
会場で美味しいものを食べるのもフェス醍醐味のひとつです。
しかし、値段が少々お高めです。そして並んでいるお店も多く、すぐに購入できなかったりします。

食べ物を持って行くときのポイント

①日中は暑いので悪くならないものを!
これに限ります。
2016アラバキロックフェスに日帰りで参戦しています。こちらの記事も参考にしてみてください。

【2016-2017アラバキ】オススメの持っていく食べ物

2017.04.06

②チョコ類は絶対溶ける!
パイの実やパックンチョのような中にチョコが入っている物も、小さい穴からチョコが溶け出してしまう可能性があります。小包装されているものなら大幅に汚れることを避けられます。
お菓子は何でも小包装されている物を選んでいます。余っても封が空いていないので簡単に片付けることもできます。
違う会場へ移動する際も好きなお菓子を選んで持っていくことができます。

・小さく小包装されているおせんべい
・小包装されている溶けない甘いお菓子
・飴やグミ

③おつまみ類はきちんとパックして行く!
水分の多い物(漬物など)は汁漏れの危険があるので私は、避けています。
魚系やイカなどは、カバンの中で生臭くなる可能性があるので、持参するなら十分に注意したほうがいいです。保存する袋を多めにして、汁漏れや匂いが気になったら取り替えたり、袋を何重かにして持参すると、安心です。

・乾き物、固めの小包装されているチーズ(柔らかいとつぶれたりする)
・焼かなくても食べられるソーセージやサラミ

お湯を持って行く

魔法瓶の水筒や、何人かのグループで参戦している人たちはポットでお湯を持って行く人がいます。私たちも水筒にお湯を持ってお味噌汁やスープを飲めるようにしていきます。

夜間はだいぶ冷え込むので、暖かいお湯があると心身ともにリラックスできます。

ちなみに、会場では豚汁やラーメン、うどんなど暖かい系は夜になるとすぐに売り切れてしまうか長蛇の列になります。

クーラーボックスにあると便利な物

食べ物を入れておくクーラボックスには、懐中電灯やウェットシート、箸などを入れておくと便利です。
紙皿などあれば、みんなでシェアすることも出来ますよ。
夜間のための懐中電灯はジップロックに入れておくと濡れなくていいです。

【野外フェス】荷物が多いキャンプや日帰りフェスの移動はキャリーカートがラクで便利!

2017.05.23
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マイ

31歳、子無し専業主婦です。好きなものは甘いもの。新発売には目がありません。悠々自適なライフスタイルを日々発信しています。【詳細プロフはこちら】