紫外線の種類と日焼けしやすい時間帯や天候。

ベアミネラル オンラインショップ
これから、夏に向けて日焼け対策をしっかり行っていますか?

最近の時代では、美白がおしゃれとして取り上げられていますよね。

私は今年32歳になりますが、学生の頃はガングロが流行った時代でした。

日焼けをするということが、肌にとって良いことでは無いことはよく分かっていました。

『歳をとったら後悔するよ』『シミソバカスが酷くなるよ』と、声を揃えて注意してくる大人のいうことに耳をかそうともせず、その時代の流行に乗っていました。

後悔先に立たずです。

紫外線の種類と特徴

紫外線には3つの種類があります。

  1. UVA(A波)
  2. UVB(B波)
  3. UVC(C波)

3つの違いとしては

肌老化の原因!UVA(A波)の特徴

  • 地上に到達する紫外線のほとんどを占める
  • 照射量は時期や時間帯、天気に関係なく減衰しない
  • 窓ガラスも通過出来る
  • 皮膚の真皮層(線維芽細胞)にダメージを与える
  • 日焼けをしても気づかないことがあり

UVAは3種類の紫外線の中でも地上に届く紫外線の約95%を占めます。このUVAは季節や天気関係なく降り注いでいます。UVA自体のパワーは弱いものの、照射時間が長く、肌の奥まで届くパワーを持っています。そして皮膚の真皮層にダメージを加えます。真皮層ではハリや弾力コラーゲンやヒアルロン酸などを作っている器官があり、UVAはその部分にダメージを与えます。するとハリや弾力が失われ肌を老化させてしまいます。また、メラニン色素を合成させることでシミやソバカスの原因にもなります。

  • ハリが失われる
  • たるみが増える
  • 潤いが失われシワが増える
  • シミソバカスが増える
いわゆる肌の三大老化(シミシワタルミ)を促進させます。

シミソバカスの原因!UVB(B波)の特徴

  • 地上に降り注ぐのは全体の0.5%程
  • 一般的に呼ばれる日焼けを引き起こす
  • ガンのリスクがある

UVAと違って、真皮層への到達はほとんどありません。ほとんどのUVBが肌の表皮でブロックされます。この時表皮が行うブロック対策として、メラニンを合成して肌を褐色にします。一般的には日焼けです。黒く色素沈着するのがサンタン、細胞を壊し赤く炎症となるのがサンバーンです。メラニンを肌に沈着させていますから、当然シミソバカスの原因に繋がります。

  • シミソバカスの原因
  • 赤くなるタイプは肌がやけどしている
  • 黒くなるタイプは色素沈着している
  • UVBを浴びすぎるとやけどに繋がる

UVC(C波)の特徴

  • オゾン層でカットされ地上には到達しない
  • オゾン層の破壊で自然への影響が深刻

紫外線が多い時間帯は?

UVA(紫外線A波)は一日中地上に降り注いでいます。

朝方からお昼にかけ徐々に強くなって行きます。時間帯関係なく夕方でも量は減りません。

UVB(紫外線B波)は朝からお昼にかけ、夕方に向かって少なくなって行きます。

特に正午前後が一番ピークで降り注いでいます。

太陽と共にという感じです。

トータルすると、やはり正午前後が紫外線量の1番のピークになるかと思います。それでもA波は1日中降り注いでいるということを忘れないようにしたいですね。

紫外線は天気によって左右される?

もちろん左右されます。


写真:気象庁〜雲と紫外線〜

  • 薄曇りの場合、快晴時の約8~9割
  • 曇りの場合、快晴時の約6割
  • 雨の場合、快晴時の約3割

天気が悪いからといって紫外線対策を怠ると、日常的に気づかないうちに日焼けをしてしまいます。冬に比べて黒くなった?と感じることはありませんか?

紫外線が多い季節は?


写真:気象庁〜日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ〜

●は観測値、細実線は1990年から2016年までの累年平均値を表しています。

こちらのグラフの●は、29.5月までのものになっています。

細線だけ見ると夏にかけ強くなり、冬にかけ弱まっています。しかし、紫外線が無いという季節はありませんね。

●は今年の観測ですが、びっくりすることに5月の時点で非常に強い紫外線が照射されていることがわかります。

肌の老化の原因は紫外線といっても過言では無い

紫外線によって壊された弾性繊維は、1度破壊されると回復することはありません。

真皮層は、肌のハリや潤いを保つ部分です。この部分にダメージが起こるとハリや潤いがなくなり一気に老け込む印象になります。

化粧水や美容液を叩き込んでも、一時的な効果はあるかもしれませんが根本的な解決にはなりません。



紫外線対策をしっかり行えば、肌の老化を極端に進めることはありませんので注意して行きたいですね。

こちらでは、皮膚最弱の私がオススメの日焼け止めをご紹介しています。一人でも多くの方の日焼けを回避できたらと思っています。

キュレル・サンカット・ジョンソンベビー日焼け止めの比較

2017.05.11
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

マイ

31歳、子無し専業主婦です。好きなものは甘いもの。新発売には目がありません。悠々自適なライフスタイルを日々発信しています。【詳細プロフはこちら】